〒080-0012 北海道帯広市西2条南14丁目3番地1  図書館ロゴマーク
Tel:(0155)22-4700 Fax:(0155)22-4701 Mail:tosyo@lib-obihiro.jp
文字サイズ
帯広市図書館のイメージ画像

利用案内

開館時間・休館日

施設名 開館時間 休館日
図書館
 図書館 ・火~金曜日
  午前10:00~午後8:00
・土、日曜日・祝日
  午前10:00~午後6:00
・毎週月曜日
  ※月曜日が祝日の場合は、月曜日を開館し、火曜日が休館日になります。

・特別整理期間

・年末年始(12/29~1/3)

・月末整理日(毎月末日。ただし、末日が土・日曜日及び上記休館日の場合は順次繰り上げた日)

 ⇒ 開館カレンダー
 多目的視聴覚室、研修室、展示コーナー ・午前10:00~午後10:00
 駐車場
  ※ 94台(うち身障者用3台)
  ※ 図書館の駐車場は、図書館東側にございます。

  帯広市図書館 駐車場 地図(google map)
・午前 9:30~午後10:00
  ※(利用制限時間:入場から3時間以内)
・料金    :無料

  ※入場時に自動発券機から駐車券が発行されますので、図書館内で認証手続きをし、利用制限時間内に出場してください
市内各コミュニティーセンター ・午前9:00~午後10:00 ・毎週火曜日
・年末年始(12/29~1/3)
大空会館 ・土曜日
  午後1:00~午後4:00のみ
・年末年始(12/29~1/3)
大正農業者トレーニングセンター ・午前9:00~午後10:00 ・毎週火曜日
・年末年始(12/29~1/3)
川西農業者研修センター ・午前9:00~午後10:00 ・毎週月曜日
・年末年始(12/29~1/3)
移動図書館バス 市内53か所のステーションを巡回しています。詳しくはこちらをご覧ください。

利用登録・利用者カード

 はじめて図書館の資料をお借りになる場合は、利用登録が必要です。利用登録申込書に必要事項を記入し、
1階カウンターで手続きしてください(申込書は1階カウンターにございます)。

 ◆ 登録できる方
  ・十勝管内にお住まいの方

 ◆ 登録に必要なもの
  ・免許証、保険証、学生証など氏名と住所が確認できるもの

 ◆ 利用者カード
  ・登録時に発行する利用者カードで図書、雑誌・AV(視聴覚)資料を借りることができます。
   なお、移動図書館バスでも共通して使えます。
  ・利用者カードは本人以外は使えません。
  ・登録内容に変更が生じた場合は、1階カウンターで手続きをしてください。
  ・利用者カードを盗難された場合、紛失した場合はすぐに図書館にご連絡ください(0155-22-4700)。

貸出冊数・貸出期間

資料の種類 貸出冊数 貸出期間
本(一般書、児童書、紙芝居 等) あわせて10冊まで   
14日間

雑誌
布の絵本
子育て応援バッグ
プチトマト(絵本10冊セット)
プチコーン(絵本5冊セット)
ぷちじゃが(絵本5冊セット)
DVD あわせて3点まで
ビデオテープ
CD、CDブック
カセットテープ、カセットブック
おはなしポケット
紙芝居の舞台 あわせて3点まで
16mmフィルム映写機
スクリーン
暗幕
拍手木

 ※ 貸出はできませんが「エプロンシアター」もご利用いただけます。1階カウンターにお申し出ください。
 ※ CDブックとカセットブックのうち、文学作品を朗読したCDブックとカセットブック及びそのテキストについては、本・雑誌等とあわせて10冊(点)までお借りいただけます。

貸出・返却

 ◆ 貸出
  ・借りたい資料と利用者カードを、1階カウンターにお持ちください。
  ・本、雑誌を借りる場合は、自動貸出機もご利用いただけます。

 ◆ 返却
  ・返す資料を1階カウンターにお持ちください。利用者カードは必要ありません。
  ・図書館が閉館中の場合は、南側・西側のブックポストに返却できます。
  ・DVD、ビデオテープ、CD、CDブック、カセット、カセットブックは破損防止のため、必ず1階カウンターに返却してください。

返却期限の延長

  ・続けて借りたい場合は、1回のみ手続きした日から14日間の延長ができます。
   手続きは、貸出しの翌日から返却期限の間、いつでも行えます。

   ただし、次の場合は延長ができません。
   ①延長を希望する資料に予約がある場合
   ②延滞している資料が1点でもある場合
    なお、窓口及び電話受付では、長期の延滞資料がある場合などを除き、残り期間を延長します。
   ③図書館で定めた延長ができない資料(他の図書館から借りた資料など)
    なお、プチトマトなどのセット資料は、窓口及び電話で受け付けをします。

  (1)図書館ホームページから延長をするには
   こちらよりマイメニューへ移動し
    ①ログインしていない場合は利用者カード番号とパスワードを入力してください。
    ②利用状況確認より貸出状況一覧を開いてください。
    ③延長希望の資料の書名を押してください。
    ④【貸出の延長】ボタンを押してください。

  (2)図書館スマートフォンサイトから延長をするには
    ①マイメニューより、利用者カード番号とパスワードを入力してください。
    ②利用状況確認より貸出状況一覧を開いてください。
    ③延長希望の資料の書名を押してください。
    ④【貸出の延長】ボタンを押してください。

  (3)館内検索機(OPAC)から延長するには
    ①利用者情報照会より、貸出情報表示を押してください。
    ②利用状況確認より貸出状況一覧を開いてください。
    ③延長希望の資料の書名を押してください。
    ④【貸出の延長】ボタンを押してください。

  ※パスワードを登録していない場合、こちらのページで登録してください。
   (カウンターでは発行・登録できませんのでご注意ください)
  ※パスワードを忘れてしまった場合は、お電話又はカウンターにお申し出いただくと、
   図書館にて初期化しますので、その後再度こちらのページで登録してください。

検索

 ・お探しの資料が見つからない場合は、職員がお手伝いします。お気軽にご相談ください。
 ・また館内には館内検索機(OPAC)を設置してありますので、ご自由にご利用ください。
 ・なお、このホームページからでも検索ができます。 ⇒ 資料検索・予約へ

予約・リクエスト

 ◆ 予約(リクエスト)
  ・お探し中の資料が貸出中の場合は、予約をすることができます。「予約(リクエスト)カード」に記入してカウンターにお出しください。用意できましたらご連絡いたします。
  ・館内検索機(OPAC)や、このホームページからも予約することができます。 ⇒ 資料検索・予約へ

資料の種類 予約・リクエスト件数
あわせて5冊まで
雑誌
紙芝居
布の絵本
DVD あわせて1点まで
ビデオテープ
CD
カセットテープ

インターネット予約

・ご利用にあたっては、パスワードの登録が必要です。
  はじめて利用する場合、1階カウンターで利用登録をした後で、館内検索機(OPAC)やインターネットに接続できるパソコンからパスワードとメールアドレスを登録してください。なお、メールアドレスは予約をした資料が用意できた場合の連絡を電子メールで受け取る場合必要になります。

1.パスワード登録

 (1-1) ホームページから登録する場合、こちらのページで利用者番号・利用者情報・設定するパスワードを
     入力して登録してください。

 (1-2) 館内検索機(OPAC)から登録する場合、「利用者情報」-「パスワード登録」ボタンを押し、
     利用者番号・利用者情報を入力して「決定」ボタンを押し、設定するパスワードを入力して登録してください。

  ※パスワードは半角英数字4文字から10文字で登録してください。
  ※パスワードを忘れてしまった場合は、お電話又はカウンターにお申し出いただくと、図書館にて初期化しますので、
   その後再度こちらのページで登録してください。

2.メールアドレス登録

 (2-1) ホームページから登録する場合、こちらのページで利用者番号・パスワードを入力してマイメニューにログインし、
     「メールアドレス登録・変更」画面にて登録してください。

 (2-2) 館内検索機(OPAC)から登録する場合、「利用者情報」-「メールアドレス変更」ボタンを押し、
     利用者番号・パスワードを入力して「決定」ボタンを押し、設定するメールアドレスを入力して登録してください。

  ※設定の内容によっては、図書館からのメールを受信できない場合があります。
   ドメイン指定でメールの着信拒否設定をされている方は、帯広市図書館のドメイン「lib-obihiro.jp」からの
   メールを受信できるように設定してください。

3.予約のしかた

 (3-1) 「資料検索・予約」から予約したい本を検索し、詳細画面の「予約カートへ」ボタン、次に「予約」ボタンをクリックします。
     「予約カートへ」ボタンは、予約可能な資料(貸出中の資料)のときに表示されます。

 (3-2) 利用者の認証画面で「利用者カード番号」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

 (3-3) 予約連絡方法を選択し、「予約確定」ボタンをクリックします。
     予約連絡方法でメールを選択する場合、先にメールアドレスを登録してください。

4.予約状況の確認

 ・予約点数及び予約状況は、マイメニュー内の「利用状況確認」から確認できます。⇒利用状況確認へ
  利用者カード番号(利用者カードのバーコードの下の数字10桁)とパスワードを入力してください。

5.取置きの連絡

 ・資料が準備できましたら、予約連絡方法で選択された方法でお知らせします。連絡日から休館日を除く8日間取り置きします。
 ・連絡不要を選択された場合は、ご自分で予約利用状況・取置期限の確認をお願いします。
 ・取置きの期限が過ぎた場合は、予約をキャンセルされたものとします。
 
  ※ プロバイダ等の障害、メンテナンス等によるメールの不着、遅延は把握いたしかねます。
  ※ 連絡の際のメールアドレスは送信専用です。返信メールを頂いてもお返事できません。

資料複写(コピー)

種類 設置場所 料金
白黒コピー 1階・2階カウンター 10円
カラーコピー 2階カウンター 50円

  ※ いずれも図書館の資料に限り、著作権法の範囲内でコピーができます。
  ※ 複写申込書を記入の上、カウンターに提出してください。

AV(視聴覚)コーナー

 ◆ 利用方法
  ・視聴したいビデオテープまたはDVDと利用者カードを、1階カウンターまでお持ちの上、お申し出ください。

 ◆ 利用本数
  ・1人1日1タイトルまでです。

 ◆ その他
  ・図書館で所蔵していないビデオやDVDを視聴することはできません。
  ・満席の場合はお時間をいただく場合があります。

インターネット閲覧

 2階のITコーナーで、インターネット接続端末をご利用いただけます。料金は無料です。
 平成26年4月から、「帯広市議会中継」を視聴することができるようになりました。

 ◆ 利用方法
  ・利用者カードを2階カウンターまでお持ちの上、お申し出ください。

 ◆ 利用時間
  ・1人1回30分までです。

 ◆ その他
  ・参照を制限しているサイトがあります。
  ・メールの送信やチャットの利用はできません。
  ・画面等のプリントアウトや、USBメモリ等への保存はできません。
  ・EXCELやWORDなどのソフトは使用できません。
  ・満席の場合はお時間をいただく場合があります。

国立国会図書館のデジタル化資料の閲覧

 ・平成26年6月5日から、国立国会図書館の「デジタル化資料送信サービス」の提供を開始しました。
 ・今まで国会図書館内でしか見られなかった資料が、図書館2階のパソコンで閲覧できます。
 ・図書館の利用者登録をされている方が利用できます。

   詳細はこちらをご覧ください。

 ◆ 利用方法

   こちらをご覧ください。

「サピエ」図書館サービス

・帯広市内在住で、視覚等に障害があり読書をする事が困難な方に対して、「サピエ」を利用した録音図書の貸し出しを行います。
・利用する場合、申込書の提出が必要です。
・詳しくはチラシをご覧いただくか、図書館へお問合わせください。(0155-22-4700)

  ⇒帯広市図書館「サピエ」サービス チラシ
  ⇒帯広市図書館障害者サービス利用者登録申込書

図書館の利用ルールとマナーについて

  図書館資料(本・雑誌など)は市民の皆さんの大切な財産です。また、図書館は多くの方が利用する公共の場です。どなたにも気持ちよく ご利用いただくために、ルールとマナーを守りましょう。

●図書館資料を大切に使いましょう。
切り取り書込みなどは、絶対にやめましょう。
・本をぬらしたり、ペットの噛み跡などに注意してください。
・紛失または汚損・破損の程度によっては、弁償していただきます。
・返却期限を守ってください。一定期間を過ぎても返却いただけない場合は、貸出や予約を停止させていただきます。
・図書館資料の無断持ち出しは絶対にやめましょう。

●所定の場所以外の飲食(アメ・ガムも含む)は禁止です。
・飲食は、1階エントランス3階(喫茶・学習席)でのみ可能です。(読書テラスでは飲食はできません)
お菓子(アメ・ガムも含む)の飲食は全館で禁止です。

●他人に迷惑な行為はやめましょう。
おしゃべり会話の声は、周りの利用者の迷惑になります。
・携帯電話・スマートフォンは、マナーモード又は電源をお切りください。
 通話は1階エントランスまたは3階喫茶でお願いします。 
・居眠り・横になることはしないでください。

●荷物等を置いて、長時間席を離れたり、席取りをすることはやめてください。
・皆さんが公平に利用できるよう、ご協力ください。
・貴重品の管理は、各自で責任をもって行ってください。万が一紛失・盗難等が発生しても、図書館は責任を負えません。

●机・本棚等、施設設備・備品を大切に扱ってください。


気持ちよく利用できるよう、マナーを守りましょう

本の取扱いについて

  昨今、帯広市図書館では、図書館資料の切り取り被害が発生しております。一部でも切り取られた本や雑誌は、利用できなくなります。 図書館資料は、市民の大切な財産ですので、大切にお使いください。


本が泣いています。切取りや書込みは絶対にやめましょう!

PAGE TOP