〒080-0012 北海道帯広市西2条南14丁目3番地1  図書館ロゴマーク
Tel:(0155)22-4700 Fax:(0155)22-4701 Mail:tosyo@lib-obihiro.jp
文字サイズ
帯広市図書館のイメージ画像

ログインしていません

蔵書検索・予約

ハイライト:ONOFF

著者 :岡田 晴恵
出版者:岩崎書店
出版年:2020/12
分類:49.3
形態:学習書

所蔵

所蔵件数は1件です。

No.所蔵館置き場所分類図書記号巻冊記号資料コード形態状態禁帯
1帯広市図書館児童49.3 1521490696学習書在架

詳細情報

名称書誌情報
書名 カンセンショウ ッテ ナンダロウ
感染症ってなんだろう?
副書名 シッテ オキタイ キソ チシキ
知っておきたい基礎知識
叢書名 シラベル ガクシュウ ヒャッカ
調べる学習百科
著者名1 オカダ ハルエ
岡田 晴恵/著
医学博士。白鷗大学教育学部教授。著書に「感染症とたたかった科学者たち」「知っておきたい感染症」など。
出版者 イワサキショテン
岩崎書店
出版年 202012
分類 493.8
ページ 72p
サイズ 29cm
ISBN 978-4-265-08639-9
価格 3600
内容紹介 なぜ感染症は広まるのか? 手洗い、食べもの、災害時。私たちが日頃気をつけたいことって? マラリアから新型コロナウイルスまで、人類が戦ってきた感染症の歴史とこれから必要な対策を、図やイラストをふんだんに使い解説。
内容紹介2 感染症(かんせんしょう)は、細菌(さいきん)やウイルスによって引きおこされる病気です。ウイルスや体にすむ常在菌(じょうざいきん)、体を守る免疫(めんえき)について解説(かいせつ)。インフルエンザなどの身近な感染症、世界の感染症の歴史(れきし)、これから気をつけたい感染症なども説明します。
序章 新型コロナウイルス発生!
  ■新型コロナウイルスってなんだ?
  ・人類を突然おそった、未知の感染症
  ・コロナウイルスとは?
  ・どんな症状が出るの?
  [世界と日本での感染のひろがり]
  ■感染と予防、そしてこれから
  ・どうやって感染するの?
  ・どうしたら予防できる?
  ・新型コロナウイルスの問題とは?
  ・感染拡大を防ぐために大事なこと
第1章 微生物と感染症
  ■感染症の原因、ウイルスって?
  ・感染症をおこすウイルスは、微生物
  [いろいろな微生物の特徴]
  ・微生物と人はともに生きている!
  ■体の中にもいる微生物
  ・体にすむ「常在菌」
  ・常在菌の宝庫は「腸」
  [体の中にいるいろいろな常在菌]
  ■悪い微生物が体に入ると?
  ・体を守るしくみ「免疫」
  [免疫のふたつの働き]
  ・免疫細胞が闘うしくみ
  ■よい微生物を増やそう
  ・免疫力を左右するのは…
  ・善玉菌の代表「乳酸菌」をとろう!
  ・善玉菌の好物をとろう!
  ・食べ物で働く乳酸菌以外の善玉菌
第2章 感染症の基礎知識
  ■感染症ってなんだ?
  ・病原微生物と感染症
  ・感染症にかかる理由
  ・感染経路と潜伏期間
  [感染経路の種類]
  ■身近な感染症
  ・毎年流行する感染症の代表、インフルエンザ
  ・新型インフルエンザの脅威!
  季節性インフルエンザ
  鳥インフルエンザ
  ノロウイルス感染症(感染性胃腸炎)
  腸管出血性大腸薗感染症(O157など)
  溶連菌感染症
  伝染性膿痂疹(とびひ)
  伝染性紅斑(りんご病)
  急性出血性結膜炎
  カンピロバクター感染症
  髄膜炎菌性髄膜炎(侵襲性髄膜炎菌感染症)
  風しん
  トリコフィトン・トンズランス感染症
  アタマジラミ
  流行性耳下腺炎(おたふく風邪)
  RSウイルス感染症
  水ぼうそう(水痘)
  B型肝炎(ウイルス性肝炎)
  ■近年発生している感染症
  ・21世紀初めての新型ウイルス「SARS」
  ・これから気をつけたい「MERS」
  ・なぜMERSが問題なの?
  ジカウイルス感染症
  エボラ出血熱(エボラウイルス病)
  重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
  日本紅斑熱
  [どうする? マダニ対策]
  デング熱
  狂犬病
  梅毒
  結核
第3章 感染症の変化とひろがり
  ■感染症の変化
  ・感染症が変化する、4つのポイント
  ■変化(1) 世界の感染症の歴史
  ・世界を変えた感染症
  (1)ローマ帝国を衰退させた マラリア
  (2)中世ヨーロッパを終わらせた ペスト
  [動物や昆虫から人へ感染するということ]
  (3)世界的な流行をくりかえすコレラ
  [消えた感染症 天然痘]
  ■変化(2) 自然災害
  ・災害時はどんな感染症が発生する?
  ・震災時にリスクが高まる「破傷風」
  [災害時の感染症対策]
  ■変化(3) 地球温暖化
  ・温暖化で感染症が変化する!
  ・どんな影響があるの?
  ・対策はあるの?
  ■変化(4) グローバル化
  ・グローバル化と感染症の関係
  背景(1) 高速大量輸送による影響
  背景(2) 高齢化による影響
  背景(3) 人口増加による影響
  ・世界同時流行、パンデミック
  ・人間がバランスをこわしている?
さくいん
感染症カルタ一覧
コラム
  ●感染症と科学者たち
  (1)ロベルト・コッホ
  (2)ルイ・パスツール
件名 感染症
広告